ごあいさつ


たむら動物病院 院長 田村慎司ポートレイト

院長 田村慎司

院長の田村慎司です。

子供の頃から動物好きでしたが、重度の動物アレルギーで毛の生えた動物に近寄れずもっぱらカメや昆虫などを飼育していました。しかし、大学時代にアレルギーを克服し、犬や猫を触ることが出来るようになりました。物心ついてからずっと「飼い主」をやっております。

飼い主さんの動物病院受診の目的は、予防による健康管理や治せる病気は治し治せない病気は生活の質を向上させることだと思います。それに応えるためにスタッフ共々、日進月歩の獣医学をアップデートすべく日々勉強を続けていきます。

学生時代より動物の神経病の研究をライフワークとしておりますが、進学、専門分野の選択、開業、MRIの導入などに際し様々な恩師に導かれて現在に至っていることに感謝しております。

現在のテーマ

1. 獣医学ではまだほぼ手つかずの脊髄髄内腫瘍に対する手術法の確立を目指しています。

2. 自身が発見、命名した「positioning head tilt (頭位変換性捻転斜頚)」という症状の概念の更なる研究と普及


<院長略歴> 

1971年 広島県佐伯郡五日市町吉見園生まれ

1990年  修道高等学校卒業 

1991年 山口大学 農学部 獣医学科入学

     獣医生理学講義に感銘を受け神経病をライフワークと決める。

     獣医科で国内初導入MRIで犬・猫・牛・馬の検査にかかわる。

1997年 山口大学農学部獣医学科卒業・獣医師免許取得

1997年 広島市内動物病院にて一般診療に携わる

1999年 たむら動物病院開業

2007年 博士(獣医学) 学位取得


研究業績(査読あり英文学術論文のみ)


 

1) Shinji Tamura, Yumiko Tamura, Takeshi Tsuka, Kazuyuki Uchida: Sequential Magnetic Resonance Imaging of an inttracranial hematoma in a dog. Veterinary Radiology and Ultrasound, 47(2), 142-146(2006)

2) S. Tamura, Y. Tamura, N. Suzuoka, A. Ohoka, T. Hasegawa, K. Uchida: Multiple metastases of thiroid cancer in the cranium and pituitary gland in two dogs, Journal of Small Animal Practice, 48 (4), 237–239(2007)

3) S. Tamura, Y. Tamura, K. Uchida: Magnetic resonance imaging findings of neuroaxonal dystrophy in a papillon puppy, Journal of Small Animal Practice48 (8), 458–461(2007)

4) Kazumi Nibe, Chiaki Kita, Motoji Morozumi, Yuichi Awamura, Shinji Tamura, Seiichi Okuno, Takayuki Kobayashi, Kazuyuki Uchida: Clinicopathological features of canine neuroaxonal dystrophy and cerebellar cortical abiotrophy in Papillon and Papillon-related dogs, Journal of Veterinary Medical Science, 69(10): 1047-1052 (2007)

5) Shinji TAMURA, Yumiko TAMURA, Aya OHOKA, Takahisa HASEGAWA, Kazuyuki UCHIDA: A Canine Case of  Skull Base Meningioma Treated with Hydroxyurea ,  Journal of Veterinary Medical Science, 69(12): 1313-1315(2007)

6) Shinji TAMURA, Yumiko TAMURA, Yuya Nakamoto, Tsuyoshi Ozawa, Kazuyuki UCHIDA: MR imaging of histiocytic sarcoma of the canine brain, Veterinary Radiology and Ultrasound, 50(2), 179-182(2009)

7) Tetsuya IDE, Kazuyuki UCHIDA, Shinji TAMURA and Hiroyuki NAKAYAMA: Histiocytic Sarcoma in the Brain of a Cat, Journal of Veterinary Medical Science, 72(1), 99-102(2010)

8) Tamura, S., Tamura, Y., Uchida, K., Nibe, K., Nakaichi, M., Hossain, M. A., Chang, H. S., Rahman, M. M., Yabuki, A., Yamato, O: GM2 Gangliosidosis variant 0 (Sandhoff-like disease) in a family of toy poodles. Journal of Veterinary Internal Medicine 24(5),1013-1019 (2010).

9) Nakamoto, Y., Yamato, O., Uchida, K., Nibe, K., Tamura, S., Ozawa, T., Ueoka, N., Nukaya, A., Yabuki, A., Nakaichi, M.: Neuronalceroid-lipofuscinosis in long-haired Chihuahuas: clinical, pathological and magnetic resonance imaging findings. Journal of American Animal Hospital Association. v.47, p.e64–e70 (2011).

10) Keijiro Mizukami, Takuji Kawamichi, Hiroshi Koie, Shinji Tamura, Satoru Matsunaga, Shigeki Imamoto, Miyoko Saito, Daisuke Hasegawa, Naoaki Matsuki, Satoshi Tamahara, Shigenobu Sato, Akira Yabuki, Hye-Sook Chang, Osamu Yamato: Neuronal Ceroid Lipofuscinosis in Border Collie Dogs in Japan: Clinical and Molecular Epidemiological Study (2000–2011). The Scientific World Journal, 2012, 1-7 doi:10.1100/2012/383174 (2012).

11) Rahman MM, Chang HS, Mizukami K, Hossain MA, Yabuki A, Tamura S, Kitagawa M, Mitania S, Higo T, Uddin MM, Uchida K, Yamato O. A frameshift mutation in the canine HEXB gene in toy poodles with GM2 gangliosidosis variant 0 (Sandhoff disease). The Veterinary Journal; 194:412-416 (2012).

12)Masaya TSUBOI, Kazuyuki UCHIDA, Tetsuya IDE, Mizue OGAWA, Takehiko INAGAKI, Shinji TAMURA, Miyoko SAITO, James K. CHAMBERS, Hiroyuki NAKAYAMA. Pathological Features of Polyneuropathy in Three Dogs. Journal of Veterinary Medical Science 75(3): 327-335 (2013).

13) Shinji Tamura, Yuko Hori, Yumiko Tamura, Kazuyuki Uchida. Long-term follow-up of surgical treatment of spinal anaplastic astrocytoma in a cat. Journal of Feline Medicine and Surgery 15(10): 921-926 (2013).

14) Hasegawa D, Tamura S, Nakamoto Y, Matsuki N, Takahashi K, Fujita M, Uchida K, Yamato O. Magnetic Resonance Findings of the Corpus Callosum in Canine and Feline Lysosomal Storage Diseases. PLoS ONE 8(12): e83455 (2013) .doi:10.1371/journal.pone.0083455

15) Tamura S, Doi S, Tamura Y, Takahashi K, Enomoto H, Ozawa T, Uchida K. Thoracolumbar intradural disk herniation in 8 dogs: clinical, low-field magnetic resonance imaging, and computed tomographic myelography findings. Veterinary Radiology and Ultrasound 56(2): 160-167 (2015).

16)Shinji Tamura, Yuya Nakamoto, Takashi Uemura, Yumiko Tamura. Head tilting elicited by turning in three dogs with hypoplasic cerebellar nodulus and ventral uvula. Frontiers in Veterinary Science.3:104.  doi: 10.3389/fvets.2016.00104 (2016)

17) Shinji Tamura, Yumiko Tamura, and Kazuyuki Uchida. Recurrence of spinal anaplastic astrocytoma in a cat after surgical treatment and long-term follow-up. Journal of Feline Medicine and Surgery 20(2):200 -201 (2018).

18) Shinji Tamura. Commentary: Transient postural vestibule-cerebellar syndrome in three dogs with presumed cerebellar hypoplasia. Frontiers in Veterinary Science. 8:613521. doi: 10.3389/fvets.2021.613521 (2021).

19) Shinji Tamura, Masaya Tsuboi, Shoko Doi, Yumiko Tamura, Kazuyuki Uchida, Akira Yabuki, Osamu Yamato. Adult-onset neuronal ceroid lipofuscinosis in a Shikoku Inu. Veterinary Sciences. 8: 227. (2021)

獣医師向け卒後教育 著書および訳書


1)図解小動物神経病学:Jaggy A., Platt SR.編、長谷川大輔監訳、第18章、大脳、pp429-471、インターズー(2011)、共訳

2)犬と猫の治療ガイド2012 私はこうしている:辻本元、小山秀一、大草潔、兼島孝編集、チアミン欠乏症、pp485-487、咀嚼筋炎、pp524-526、特発性多発性筋、pp526-528,乗り物酔い(動揺病)、pp528-529、インターズー(2012)、分担執筆

3)犬と猫の神経病学:各論編:長谷川大輔、枝村一弥、齋藤弥代子監修、第4章、神経軸索ジストロフィー・小脳皮質アビオトロフィーとその他の疾患、pp54-72、第9章、非神経疾患に伴う代謝性脳症・ニューロパチー、pp129-137、第39章、ビタミンA過剰症、発作性転倒、pp477-481、緑書房(2015)、分担執筆

4)犬と猫の治療ガイド2015 私はこうしている:辻本元、小山秀一、大草潔、兼島孝編集、チアミン欠乏症、pp515-517、咀嚼筋炎、pp556-558、特発性多発性筋炎、pp558-560,乗り物酔い(動揺病)、pp560-561、インターズー(2015)、分担執筆

5)獣医臨床神経解剖学:Thomson C, Hahn C.著、長谷川大輔監訳、第7章、小脳、pp79-88、第8章、前庭系、pp89-98、文永堂出版(2016)、共訳

6)犬と猫の神経病学:総論・技術編:長谷川大輔、枝村一弥、齋藤弥代子監修、遺伝性・家族性・品種特異性疾患、pp498-509、緑書房(2016)、分担執筆

7)猫の診療指針 Part3:石田卓夫総監修、4.5 遺伝性変性性疾患・先天性代謝異常、pp257-260、緑書房(2018)、分担執筆 

8)小動物の神経疾患救急治療:Platt SR, Garosi L、徳力幹彦監訳、第9章、運動失調、pp197-208、第12章、急性盲目、pp233-244、インターズー(2018)、共訳

9) 犬の治療ガイド2020ー私はこうしているー:辻本元、小山秀一、大草潔、中村篤史編、メトロニダゾール中毒、128-129、チアミン欠乏症、pp554-555、(特発性)前庭疾患、pp563-564、特発性顔面神経麻痺、pp595-596、特発性三叉神経麻痺、pp596-597、インターズー(2020)、分担執筆

10) 猫の治療ガイド2020ー私はこうしているー:辻本元、小山秀一、大草潔、中村篤史編、メトロニダゾール中毒、pp122-123、チアミン欠乏症465-466、(特発性)前庭疾患、pp475-476、特発性顔面神経麻痺、pp496-497、特発性三叉神経麻痺、pp497-498、インターズー(2020)、分担執筆

11)犬の内科診療 Part 3:石田卓夫総監修、椎間板疾患、pp257-261、緑書房(2021)、分担執筆

 

主な受賞


たむら動物病院 田村院長 受賞写真

  1) 平成14年度日本小動物獣医学会(中国)地区学会長賞

田村慎司、田村由美子:胸腰部椎間板ヘルニアの40例の治療成績. 第42回日本小動物獣医学会(中国)(2002)

  2) 平成19年度日本小動物獣医学会獣医学術奨励賞 学術賞

中市統三、宇根智、田村慎司、板本和仁、内田和幸、森本将弘、林俊春、田浦保穂:犬の髄膜腫16症例の治療成績. 日本獣医師会雑誌60(2)139-14(2007)

  3)平成22年度日本小動物獣医学会(中国)地区学会長賞

長井新、藤岡透、瀬戸林政宜、江畑健二、石原直子、福田新、高岸領、藤岡荘一郎、田村慎司、森田剛仁、島田章則:変性性脊髄症のウェルシュ・コーギー・ペンブローク1例における臨床経過および病理組織学的評価. 第45回日本小動物獣医学会(中国)(2010.10.10)

  4)第36回獣医神経病学会特力賞

田村慎司、田村由美子、角田利一、内田和幸:頸椎椎間関節に粘液腫が発生したシーズーの1例. 第36回獣医神経病学会(2011.6.26)

  5)平成23年度日本小動物獣医学会(中国)地区学会長賞

田村慎司、田村由美子、土井翔子:深部痛覚を消失した胸腰部椎間板疾患のミニダックスの予後に影響を及ぼす因子. 平成23年度日本小動物獣医学会(中国)(2011.10.16)

  6)第38回獣医神経病学会特力賞

田村慎司、堀由布子、田村由美子、柴崎祐也、内田和幸:頚部脊髄に退形成性星状膠細胞腫が発生した猫の1例. 第38回獣医神経病学会(2012.7.22)

  7)平成27年度日本小動物獣医学会(中国)地区学会長賞

田村慎司、田村由美子、小田まゆみ、呰上大吾:皮膚生検と遺伝子解析によりラフォラ病と生前診断されたチワワの1例. 平成27年度日本小動物獣医学会(中国)(2015.10.11)

  8)第42回獣医神経病学会特力賞(3回目の受賞のため、徳力賞規程により以降は受賞資格を失い選考委員となる)

田村慎司、中本裕也、植村隆司、瀬戸林政宜、山路健、田村由美子:小節・虫部垂低形成の犬でみられた“頭位変換性捻転斜頚”-犬の小脳小節・虫部垂の障害でみられる臨床症状-.  第42回獣医神経病学会、奈良(2016.7.16)

  9)平成28年度日本小動物獣医学会(中国)地区学会長賞

上岡尚民、上岡孝子、鈴木絢子、田村慎司:視覚喪失を主訴に来院した犬410頭における回顧的調査. 平成28年度日本小動物獣医学会(中国)広島(2016.10.23)

  10令和元年度日本小動物獣医学会(中国)地区学会長賞

田村慎司、中本裕也、長谷川大輔、田村由美子、坪井誠也、内田和幸、大和修:新しい神経徴候「頭位変換性捻転斜頚」:ライソゾーム病の犬における検討:令和元年度日本小動物獣医学会(中国)松江(2019.10.20)